"口腔筋機能療法(MFT)" とはOral MyoFunctional Therapyの略です。
当院では、予防歯科のほか、口腔筋機能療法(MFT)を併設しています。 この療法は、矯正治療を受ける中で必要不可欠なものであり、口腔習癖を改善するものです。ですから、いまでは矯正治療患者様だけではなく、専門分野の介護や言語療法など幅広い分野でも注目をあつめている療法です。
指しゃぶりなどにより二次的に生じた舌突出癖や口呼吸により弛緩した口唇を、舌や口唇の訓練によって、調和のとれた状態に改善する療法で、咀嚼・嚥下・発音・安静時の舌位や口唇位、呼吸などの口腔機能の改善を目指して舌や口腔顔面筋を訓練し筋肉を協調させる療法です。

 

 

…舌癖(ぜつへき)とは…

 

無意識時(ゲーム・テレビ・読書など、何かに夢中になっているとき)に、 常に口が開いていて舌が出てしまったり、咀嚼(そしゃく・噛むこと)・嚥下(えんげ・飲み込む*多い人は1日2000回)の際、 舌が前方に出てしまい、うまく噛めなかったり、正しく飲み込めなかったりすることを舌癖といいます。舌癖をそのままにしておくと、歯列へ影響をおこしてしまいます。
口唇閉鎖不全
舌が突出
…舌癖の原因…

 

指しゃぶりのほか、扁桃腺肥大やアデノイド・鼻炎・花粉症などがあげられます。鼻炎・花粉症などの場合は鼻呼吸ができず、口呼吸のために常に口が開いている状態になります。
また舌小帯(舌の裏のひも)が生まれつき短かかったり猫背だったりすると下顎が下がり口を開いてしまいます。

口呼吸
舌小帯短縮
…放っておくと…

 

放っておくと…

●上顎前突  出っ歯になる。
●開口      上前歯と下前歯の間に隙間ができる。
●叢生、乱杭 上下の歯が咬み合わない歯並びになる。
●発音に影響 話すときに上下の歯の隙間に舌が入る。
           舌が低位だとサ・タ・ナ・ラ行などが舌足らずの発音になる。
●咀嚼に影響 不正咬合のためしっかり咀嚼ができず、咀嚼時に舌が前方に動く。
●嚥下に影響 嚥下時には舌が口蓋に挙上できないためうまく飲み込めなくなる。

                             など口腔内にあらゆる悪影響を及ぼします。

舌突出により開咬
指しゃぶりによる上顎前突
筋機能のトレーニング

@舌の筋肉の力を強くする
Aくちびるやほほ、口のまわりの筋肉をつける。
B正しい飲み込み方を覚える
Cふだんの生活の中で、トレーニングで覚えた舌の位置やくちびるの状態を保ち、正しい飲み込み方を習慣化する。

このようなトレーニングは症状や患者さまによっても異なりますので、担当スタッフがメニューを決め、特にお子様の場合は楽しくあきないように指導する工夫をしています。そして、ご家族の協力が最大のキーポイントです。自宅でのレッスンが最終目標の「習慣化」を促進します。

…改善例…

 

この患者様は矯正治療を行わず、「口を閉じるレッスン、舌に力をつけるレッスン」だけで、
このようにきれいな歯並びを得ることができました。

1. 初診時:7歳1ヶ月
2. 7歳4ヶ月
3. 7歳6ヶ月
4. 8歳

5. 約2年後:9歳

*4枚目の写真のようにマウスピースを使用する場合もあります。

当院では歯科関係の方対象の「MFTセミナー」を主催しています。>>

 

TOP | 矯正無料説明会 | 今月の日曜診療・今月の休診 | 医療IT | スタッフ教育 | 求人情報 | 社会に還元 | お問合せ
〒400-0845 山梨県甲府市上今井町2339 TEL055-249-8161〜2 FAX055-242-3111
COPYRIGHT(C)2008 miho矯正歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.